学習障害(LD) > LDとADHDの違いとは?

LDとADHDの違いとは?

学習障害(LD)と混同されやすいものに、ADHDがあります。
英語で、Attention Deficit/Hyperactivity Disorderの略です。
注意欠陥多動性障害のことです。

ADHDは、次の3つの症状がある発達障害のことです。
学校での生活態度において以下のようなことがあります。
1、不注意 物事に集中することができない 宿題を忘れたり、学習道具をなくしたりする
2、多動性 落ち着きがない 席についていることができず、教室を歩きまわる
3、衝動性 突発的な行動を取る 順番待ちができない
これらの現れ方には個人差があります。

学習障害(LD)と、注意欠陥多動性障害(ADHD)との違いは何でしょうか?
まずLDは、学業上の問題がある、ということです。
一方ADHDは、行動上の問題であります。

LDは、学業上において定義されます。
学習障害専門家、教育療法士などが調べることが多いです。
知能テストなどで判断されます。
ADHDは、学校あるいは家庭などのふるまいによって定義されます。
それは、精神科医や、臨床心理学者などによって判断されることが多いです。

ただ、はっきりとその違いを区別することは大変難しいです。
というのも、ADHDはしばしばLDを併発しているからです。

ADHDの一番の特徴、不注意、多動性、衝動性がみられるかどうかで、その判断がなされることが多いようです。
同じような症状が現れることもよくあるのですが、その対処法は違って来る場合があるので、どちらかを素人が判断せず、専門家に診断してもらうようにしてください。