学習障害(LD) > 学習障害だった有名人

学習障害だった有名人

学習障害(LD)だったと言われる有名人は、たくさん存在します。

例えば、アインシュタイン。失語症で、言葉がうまくしゃべれず、暗記ができなかったそうです。
レオナルド・ダ・ヴィンチは、鏡文字を書いたとか。
エジソンは、母親に知的障害と思われて、医者に連れていかれたそうです。
アンデルセンも、その手書き原稿からそう判断できるんだそうです。
アガサ・クリスティーもそうだったとか。
俳優のウーピー・ゴールドバークも失語症でした。
政治家でもいます。
イギリスのチャーチルや、ジョージ・ワシントン、ジョン・F・ケネディなど。

その他さまざまな人が、学習障害だった、と言われていますが、それは定かではありません。
ただ、残されたもので、そうであったのではないか?という推測にすぎません。

自身が学習障害であったことを告白した最も有名な人は、俳優のトム・クルーズでしょう。
彼は学校時代、bとd、pとqの区別がつかず、本もすらすらと読めなかったそうです。
それによりいじめに遭ったこともあったそうです。

しかし彼は、自分の得意だったスポーツにおいて、果敢に何でも挑戦したそうです。
集中力を高める訓練もしたとか。

そして俳優になってからは、セリフを覚えることに苦労し、そういった困難も録音しながら覚えるという方法で乗り越えました。
現在は、学習障害についての啓発活動も行っております。
小泉首相と対談し、そのことについての本を手渡しました。

学習障害があったとしても、こういった有名人のように社会的に成功をおさめた人はたくさんいます。
ある部分のマイナス面があるからこそ、違った部分のプラス面を伸ばそうとしたり、そこの能力を高めたりすることができるんだと思います。

まさに、「障害を乗り越えた」人々です。
それは彼らにとって障害ではなく、その成り立ちの上での必要不可欠な要素だったのかもしれません。
LDがなければ、彼らはその能力を発揮していたかどうか、定かではありません。
それらがプラスの要因になったと考えられるでしょう。