学習障害(LD)に関する情報

LDの子への接し方LDの子への接し方

学習障害の子、親、あるいはその関係者の方は、常にそのことを気にかけ、悩み、辛い気持ちを抱えている人が多いことでしょう。 学習障害に対していつまでも理解の無い社会や、学校での不満等、たまっているものがあるかもしれません。 ・・・

乳児期の学習障害乳児期の学習障害

学習障害は、子供の成長過程によって症状の発見のポイントとなる点があります。 まずは「乳児期」における学習障害について。 おとなしくて、手がかからない 一人座りや立ち、歩くなどの進歩が人より遅い 触られることを嫌がる あま・・・

学習障害の診断基準学習障害の診断基準

学習障害の診断とはどのようにされるのでしょう? その診断基準はどのようなものでしょう? 学習障害の診断は、専門家の元によって行われます。 まずは家庭や学校での情報を集めます。 病歴や、その生育過程、行動などをできるだけ詳・・・

学習障害=LDとは?学習障害=LDとは?

「学習障害」と判断される人がいるのをご存じでしょうか? 通称、「LD」と呼ばれています。 LDとは英語のLearning Disabilitiesの頭を取ったものです。 日本語で「学習障害」と呼ぶ場合の「障害」の言葉が重・・・

思春期、成人期の学習障害思春期、成人期の学習障害

「思春期」の学習障害は、反抗期と重なる時期であるので、慎重に対応しなければなりません。 子供も情緒不安定になりがちな傾向にあります。 思春期の学習障害の特徴は以下のようになります。 友達らとうまく学校生活を送ることができ・・・

学習障害の症状学習障害の症状

一概に「学習障害(LD)」と言っても、その症状は多岐に渡り、分類も困難です。 同じ症状でも人によって現れ方が違ったりもします。 もし、医者で学習障害(LD)と診断されたとしても、親は必ずこう思うでしょう。 「この子は本当・・・

幼児期の学習障害幼児期の学習障害

「幼児期」の学習障害の症状は以下のようになります。 落ち着きがない、ふらふら歩きまわる ぼんやりしていたり、人の話を聞いたりしていないことが多い 無気力な場合がある 集中力がない、まわりの刺激が気になる 特定のものでばか・・・

就職先を決める時就職先を決める時

学習障害を持つ生徒が就職先を決める時に重要となってくるのは、その仕事内容です。 学習障害は、困難な部分が人それぞれ異なります。 その生徒が、どの部分が困難であるのか、それを使わなくても良い仕事なのか、得意な部分を有効に活・・・

大人になってからのLD大人になってからのLD

学習障害は子供に限ったことではありません。 実は大人も学習障害になるのです。 あるいは、子供の頃からずっとそうであるのに、それを知らずに悩みながら大人になってしまった人もいらっしゃるかもしれません。 最近、その研究がされ・・・

LDとADHDの違いとは?LDとADHDの違いとは?

学習障害(LD)と混同されやすいものに、ADHDがあります。 英語で、Attention Deficit/Hyperactivity Disorderの略です。 注意欠陥多動性障害のことです。 ADHDは、次の3つの症状・・・

アスペルガー症候群アスペルガー症候群

学習障害と混同されがちなものに、「アスペルガー症候群」があります。 アスペルガー症候群とは、自閉症の一種と言われます。 高機能自閉症とアスペルガー症候群をまとめて「広汎性発達障害」と呼ぶ場合もあります。 高機能自閉症とア・・・

高機能自閉症高機能自閉症

学習障害と混同されがちなものに、「高機能自閉症」というものがあります。 文部科学省による「高機能自閉症」の定義は以下のとおりです。 3歳位までに現れ、他人との社会的関係の形成の困難さ、言葉の発達の遅れ、興味や関心が狭く特・・・

トウレット症候群トウレット症候群

学習障害は、チックと呼ばれる症状を起こす場合があります。 チックとは、目をしばたかせる、手や足を叩きつける、顔をゆがめる、肩や首などを不自然に動かし続ける、咳払いを繰り返す、短く奇声をあげることを繰り返す、などの症状のこ・・・

学習障害と左利き学習障害と左利き

学習障害となることに、左利きが関係している、とする説が多くあります。 というのも、学習障害児に、左利き、両手利きの割合が多いからです。 すべての人口からみた左利きの割合と比べると、明らかに多くなっております。 利き手が存・・・

学童期の学習障害学童期の学習障害

「学童期」に入ると、学習障害が表面化してきます。 他の生徒と比較することができるようになるからです。 学童期の学習障害の特徴は以下のようになります。 授業中、机に座っていることができない 着替えや給食を食べるのが遅い 勉・・・

日米のLD対応の比較日米のLD対応の比較

学習障害について、その医学的治療法はいまだ見つかっておりません。 それではどのように対応したらよいのでしょうか? アメリカなどでは、学習障害児に対して、さまざまな対応がされています。 例えば、試験の時間を他の生徒より長く・・・

具体的な支援法その1具体的な支援法その1

さて、学習障害の子供に、具体的にはどのように支援していったらよいのでしょうか? 以下、具体的な支援法と考えられる例を挙げてみます。 話すことが困難である子に対しては、文を補充して行ってあげましょう。 子供が話した言葉を否・・・

学習障害の改善方法